準備は事故の直後から

カレンダー示談金の交渉の準備として必要なことは、交通事故に遭った瞬間から始まっていきます。すべてが算定基準に含まれる要因だからです。通院日数も治療期間も重要な要素になっていきますし、ケガをして辛い思いをしている期間も慰謝料に関わってきます。これは事実であることから、早期に診断を受けたりすることによって、大きな証拠に変わっていくでしょう。だからこそ、事故にあったらすぐに医療機関の診断を受けることが第一です。しっかりと治していけなければ、交渉にもならないのも間違いありません。

次に弁護士に依頼するというところになってくるでしょう。示談交渉は、多くのステップがあります。しかし、経験でもなければはっきりとわかるものではありません。傷を治し、精神的にも立ち直ることが必要な時期に、交渉にあたるというのは現実的ではないでしょう。後遺障害が残ってしまうような状況ともなれば、怪我が落ち着いてからでも交渉はうまくいかないことがほとんどです。休業に関する交渉も、後遺障害が残った場合には、納得がいかないものになる場合も多くみられます。できるだけ早期に依頼して、本当に何を準備するべきか、自分に何が必要かを判断して、適切な示談金を受け取ることが重要になってくるでしょう。